『人間に賭けるな』『けものみち』『花影』


シネマヴェーラ渋谷で3本鑑賞。

『人間に賭けるな』 渡辺美佐子がイイ…。 旅館のベッドに足を掛け着物の裾をたくし上げ太股から下を露わにするシーンは艶めかしく、表情はキリッとしてカッコ良い。 私も惚れちゃう。

藤村有弘ののめり込んでいくシリアスな演技も堪能。

競輪が1つのテーマの映画ですが、この頃の競輪は先頭誘導員が居なかったんですね。 競輪場の観客数も半端無く多い。猥雑な感じが堪らん。 渡辺美佐子がバンク金網越に選手役の川地民夫へ声援を送るシーンは「あ~、たまにこうやって声掛ける女の人居るなぁ」なんて思い出す。 久々にアーバンナイトレースでも行こうかなぁ。

『けものみち』 池内淳子の妖艶な美しさと薄幸さ堪能。 背中や足がバーンと出てくる度にドキドキしちゃったよ、オジさんは(笑)。

大塚道子の不気味さが半端無く怖い…。

老いて尚凄まじいパワーの小沢栄太郎、いかにも怪しい伊藤雄之助、色悪な池部良、籠絡される小林桂樹等ベストな配役。

ドロドロした愛欲まじりの人間模様がウマく描かれているのは、さすが松本清張作品ですね。

『花影』 ダメ男たちに振り回される池内淳子が切ない…。

しれっと金の無心をする佐野周二がとぼけてて、嫌味が無く愉快。人柄が出てるんだな、ダメ人間だけど(笑)。

有島一郎の役柄と風貌と眼鏡とセリフ回し全てがハマってニンマリ。

池部良は相変わらずのイイ男っぷりで、高島忠夫は軽薄(?)でいかにも甘ちゃんのボンっぽいし、最終的には自分で腹をくくれない三橋達也等もニンに合う。

どいつもこいつも男どもはまったく…。 でも、そういうダメ男に惹かれていく池内淳子って…。やっぱり悲しい…。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

© 2016 オフィス356 © 柳家三語楼の写真 by masako YAMADA  ※無断転載禁止